スキマ芸術 アサダワタル(大和川レコード)と米子匡司のお送りするネットラジオ/ポッドキャスト

2007-05-15 : できるだけ楕円!

大阪城公園 / 49分32秒

この放送を聴く

 

本編

  • なごり雪
  • 100円ショップ

音楽

chaplin[Drunkard Drum]

関連リンク

お知らせ

▼2007.05.16 ニーハオ!(アサダワタル)


(アサダの出演は5/16、5/20のみ)

★5・16@京都MOJO★
『中西温泉』
出演→ ミドリ/ニーハオ!/モーモールルギャバン/the coopeez
open/start 18:30/19:00
adv/door 2000/2500

★5・19@渋谷LUSH★
『LETS KIRA KIRA』
出演→ ニーハオ!/FLUID/NERVES/Dancebeach     
open/start 18:30/19:00
adv/door 1800/2300(ドリンク別)

★5・20@梅田NOON★
『LETS KIRA KIRA』
出演→ ニーハオ!/FLUID/EXTRUDERS/Dancebeach/and more?!    
open/start 18:30/19:00
adv/door 1500/1800(ドリンク別)
http://www.eonet.ne.jp/~280/


▼2007.05.19 アサダワタル
【ARCトークコンピレーション#003】
「思考する古本屋 メガネヤ」



京橋の自宅部屋を古本屋としてオープンしている市川ヨウヘイさん。
“メガネヤ”という名前のこのお店は決して眼鏡屋さんではなく、正真正銘の古本屋でございます!
市川さんいわく「古本屋の仕事。それは本を通して世の中の趣味や興味と関わり、古本を通して本を売り買いする人とその気分に触れるということ。」だそう。長年、古本業界でお仕事をされ、そして古本を通して人が集う“場”をご自分で作り上げたその背景に迫ります。ただの古本屋とは一線を画したその独特の経営手法(!?)について、また古本屋ならではの視点で切り取る様々な社会の流れについて存分に語っていただきます!

出演:
市川ヨウヘイ(古本屋メガネヤ店主)
ホスト:
アサダワタル(築港ARCチーフディレクター/大和川レコード)

日 時:5月19日(土) 18:00?20:00(開場は15分前)
参加費:1,000円(お茶、資料代)
会場:大阪市港区築港2-8-24 piaNPO 308 築港ARC
申込み・お問い合わせは(迷惑メール対策のため画像で表示しています)

市川ヨウヘイ(古本屋メガネヤ店主)
古本屋『メガネヤ』主人。大学生在学中にブックオフ大阪市内初店舗のオープニングスタッフとなり、システマチックな店の運営に文句をいい続け裏店長と呼ばれる。2年後、家出のようにブックオフを辞め、京阪沿線のブックマーケットへ。ここではオープニングより好き勝手をするとブックマーケット関西エリアでは上位の売上を上げる店となり、楽しみながら出来る古本屋について考えるようになる。5年の勤務の後、会社の都合により店を辞める。考えていた古本屋のひとつだった、“部屋が古本屋”の『メガネヤ』を京阪京橋ではじめる。現在お客を募集中。
http://blog.zaq.ne.jp/megane/
http://www.webarc.jp/2007/02/10194524.html

イベント情報

【ポジティブシンキング!】



5/23 18:00 open 19:00 start
ブリッヂのカフェスペースで繰り広げる、
何が起こっても次へ進む音のポジティビティングフリーセッション企画!
前進するしかないなコリャ。参加自由です。

Facilitator:
森山ふとし

ADMISSION:
参加料¥500
見学無料
http://a-positive.jugem.jp/


【高嶺格 100時間ワークショップ&パフォーマンス】



アイホールでは、現代美術作家・高嶺格による舞台公演を前提とした長期ワークショップを開催します。高嶺は、社会的な問題意識を、身体のレベルでの受容・理解を通して抽象化し、見る者に強いインパクトを与える作品を多種多様の手法を用いて発表しています。今回のワークショップは、舞台経験や年齢、性別などは全く不問。ただし、最後に行なわれる公演は「ワークショップのまとめ」といったレベルではなく、「作品」を目指します。そこのところの覚悟だけはお持ちください。さまざまな個性を持ったみなさんの参加をお待ちしております。
参加者募集中 締切 2007.5.19

■オーディション
2007年5月20日(日)16:00pm〜22:00pm
参加料2,000円
書類選考はありませんので、応募された方は皆さんお越しください。
全員によるワークショップを2時間行い、その後、個別の時間をとる予定です。
15:00pmよりウォームアップ可能です。

■連続ワークショップの日程(合計28回 100時間)
前半 2:00〜7:00pm
6月10日(日)、17日(日)、24日(日)
7月1日(日)、8日(日)、15日(日)、16日(祝)、8月12日(日)

後半 平日7:00〜10:00pm、土曜日・日曜日・祝日2:00〜10:00pm
8月18日(土)〜9月14日(金)
<火曜日は休み、9月3日(月)〜7日(金)休み>

※原則としてこの日程で行いますが、公演直前は変更の可能性もあります。

■発表公演
9月15日(土)7:30pm 16日(日)1:00pm、5:00pm

■募集人員:15名程度

■応募資格:年齢、性別、舞台経験の有無は問いません。

■応募方法
必要事項を記入・写真貼付した応募用紙と80円切手を貼った返信用封筒を、アイホール・高嶺格WS係までご郵送ください。
応募用紙は、アイホールまでお問い合わせ下さい。
応募用紙(エクセル)
■参加料:48,000円(公演費用等一切込み)  

■応募締切:5月19日(土)必着 持込みの場合は17:00までといたします

応募書類宛先・お問合せ⇒アイホール
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2-4-1 (JR伊丹駅前) <火曜日休館>
tel 072-782-2000 fax 072-782-8880
aihall@juno.ocn.ne.jp

高嶺格 Tadasu TAKAMINE プロフィール
1968年鹿児島生まれ。1990年代初頭より、パフォーマンスやインスタレーション、ビデオから工芸的手法まで、多彩なアプローチの作品を発表してきた。「性」の問題などにも触れながら、異なる背景や価値観を持つ他者への相互理解を志向するプロセスを表現し、社会的、政治的と捉われがちなテーマを概念や感情のレベルではなく、自らの生身の身体をもって理解しようとする緊張感ある作品を発表している。また、ダムタイプのパフォーマーとして「pH」「S/N」「OR」の3作品に出演したほか、バットシェバ舞踊団(イスラエル)、ネザーランド・ダンス・シアター(オランダ)、Noism(芸術監督・金森譲、新潟)をはじめ、演出家・振付家とのコラボレーションも数多く手掛けている。アイホールと関西を拠点とするパフォーミングアーティストとの共同製作事業'Take a chance project'において、2005年「もっとダーウィン」、2006年「アロマロア エロゲロエ」の2作品を上演した。
http://aihall.exblog.jp/
http://www6.ocn.ne.jp/~aihall/